保育理念


 

   保育所どんぐりは、児童福祉法及び保育所保育指針などに示された保育の基本理念に基づき、
   子ども一人ひとりの最善の利益を図るとともに、保護者の子育て支援を目指して保育にあたります。

 



 

    一人ひとりの個性を尊重し、自主性を育む保育


    自発的な遊びを通して、心身の健康と自立を育む保育


    人との関わりを大切に、社会性と自律を育む保育


    家庭との連携を大切に、子どもの成長を見守る保育




0歳

家庭との連携を密にして、安心して眠り、気持ちよく過ごすことができる
生活リズムをつくっていく優しい語りかけや、発生・喃語を受けとめ、
指さし、言葉へとつなげていきます。

1歳

保育士の適切な言葉がけと援助で、自分でしようとする気持ちを育む保育を行います。
保育士に見守られ、好きな玩具や遊具、自然物に自分から関わり、
一人遊びを十分に楽しめるよう保育を行います。

2歳

自分の思いをしっかりと主張し、思い通りにならないことを味わいながら、
少しずつ自分の気持ちをコントロールしていけるように援助していきます。
保育士が仲立ちとなり、感動や喜びを共感し合うなかで、友達と一緒に
遊ぶ(つもり、見立て、ふり遊び)楽しさを知らせていきます。